Masatoshi Masumoto Law Office

ご相談内容

  • HOME »
  • ご相談内容

労働事件(使用者側)

顧問契約

顧問契約を締結いたしますと、弁護士にいつでも相談することができるようになります。
お客様とのトラブルが発生した場合には、法的な見通しを解説し、どのような対応を取っていくのかを説明いたします。
法的な知識に基づき、早期に対応策を決めることができますので、大きな損失を回避しやすくなっていきます。

契約書作成・確認

新規取引の開始や新規事業の開始の際に、契約書を作成することは不可欠です。
ネットに流用されているような契約書のフォーマットでは、トラブルが発生した場合に不利な立場に陥るリスクがあります。また、事業の内容を熟知していなければ、商慣習等を無視した作成者に一方的に有利な契約書を作成してしまい、結果として、取引先からの信用を失いかねません。
そういったトラブルを回避するために、当事務所が、契約書の作成・確認をさせて頂きます。

債権回収

未収金が増えてしまうと、会社の財務が悪化していきます。そうならないために、債権回収というのが非常に重要になります。少額債権の回収の場合には、支払督促なども有効ですので、債権の額に合わせた対策・対応をご提案致します。

労使問題

現在、労使問題は企業にとって大変重要です。
特に、最近では退職者による未払い残業代の請求が増えています。
残業代については、「サービス残業」という言葉があるように、従来、企業はあまり重視していませんでした。しかし、近年の裁判例では、企業に高額な未払い残業代の支払を求めるものが増えています。
そのため、企業においては、このようなリスクがあることを理解し、対応を検討する必要が生じています。
労働基準法では、労働者の健康を守るという理念のもとに、時間外労働について厳格な規制を設けています。そのため、企業は、労働時間の管理(就業規則で残業を許可制にし、残業がなくてもよいように見直すなど)をするなどの検討が求められています。当事務所では、労働時間の管理を適切に行い、高額な残業代を請求されないようにするための方法などをアドバイスをしています。

クレーム対応

消費者向けに小売業やサービス業などの事業をされている会社においては、特に顧客からのクレーム対応を避けることは不可能です。また、初期対応を誤ると大きなトラブルに発展してしまうケースも珍しくありません。当事務所では、初期対応・早期の対策方法などのご相談をして頂けますので、早い段階でのトラブルの沈静化が可能です。

行政事件(行政側)

行政事件とは、私人が国や公共団体に対して提訴する訴訟のうち、公法法規の適用に関する訴訟事件のことをいいます。 国や公共団体に対して提起する訴訟でも、民法や商法など、いわゆる私法の適用で解決する訴訟は民事訴訟です。 ほかに、家庭裁判所の関係で、離婚などは家事事件、少年の非行や犯罪に関しては少年事件と称され、 一般の民事事件や刑事事件と手続きが異なります。

離婚問題

離婚・不貞・親権・慰謝料請求・財産分与請求など

相続・遺言

相続人・相続財産の調査など
遺言書の作成アドバイス 遺言執行 遺産分割協議の交渉 調停 審判 訴訟など

刑事

刑事事件での弁護士の活動は、事件によって異なります。逮捕罪名別に、量刑事情・取調べ方法・示談金相場・弁護方針などをご紹介します。

交通事故

死亡事故に関する請求、保険会社の提示する金額や過失割合の主張についての相談、後遺障害の等級認定についての相談・異議申し立て、示談交渉、訴訟提起など

借金問題

自己破産手続、過払金返還請求、任意整理、個人民事再生、住宅ローンなど

PAGETOP
Copyright © 増本法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.